平成27年度 学校案内


1.本校の特色
 本校は、昭和54年本校は、我が国の養護学校教育義務制の実施にともない開校された、八重山地区唯一の知的障害養護学校である。

位置は美しい自然に囲まれた宮良川河口東の大地にあり、小学部、中学部、高等部が設置され、花と緑と野鳥の住む環境で、子どもたちの特性や発達段階に応じ、工夫された指導形態の下で、生活力を高め、将来の社会参加・自立を目指し、楽しく学習している。本校の教育活動でとりわけ、全校作業学習を展開する指導形態は、小学部・中学部・高等部の交流の場として、また、小規模特別支援学校の学習集団の在り方、学習内容、方法等で関係者より高く評価されている。

さらに、中学部・高等部の作業学習の成果も高く評価され、環境教育モデル校として校内美化に努めている。また、地域における特殊教育のセンター校として教育、保健、福祉、医療の関係機関と連携した特別支援教育の中核を担っている学校でもある。



2.沿革概要

   
昭和54年 1月 5日 沖縄県八重山養護学校設立認可
3月30日 校舎建築起工式挙式
4月17日 開校式並びに入学式挙行 (八重山育成園の仮校舎)
昭和55年 1月23日 新校舎への移転
昭和56年 11月 5日 高等部設置認可
昭和60年 1月19日 校歌制定
平成 3年 3月28日 [花と野鳥の住む学園] 緑化コンクール「優秀賞」受賞
11月30日 沖縄県緑化コンクール 準特選受賞(学校緑化の部)
平成 5年 4月25日 全国植樹祭表彰(学校緑化の部)
平成 9年 9月25日 沖縄県緑化コンクール 「特選」受賞(学校緑化部門)
平成10年 2月 7日 第20回八養祭並びに創立20周年 記念式典・祝賀会
平成12年 4月23日 全日本学校関係緑化コンクール 文部大臣賞(高校の部)
平成13年
12月 7日
文部科学省委嘱「マルチメディアを活用した
補充指導の在り方に関する調査研究」最終報告会
平成14年 10月 2日 養獅子2体完成 運動会にて初舞
平成15年
7月15日 緑化運動推進功労者総理大臣賞受賞
平成22年 4月16日 新校舎落成セレモニー 
26日 寄宿舎 開舎セレモニー 、 入舎式 
6月19日 創立30周年記念式典 、 新校舎落成式典
8月 2日 美ら島総体レスリング大会開会式(高等部生徒・職員一人一役係で参加)
9月 8日 プール完成セレモニー 、 プール開き
平成23年 11月31日 沖縄県教育委員会 指定グループ研究発表会
「総合型特別支援学校における授業実践」
平成24年 2月22日 新グラウンド竣工
平成25年 11月23日 沖縄県緑化コンクール 表彰 「学校:入選」、「當山安雄氏:会長賞」



3.本校の教育目標


 幼児児童生徒一人一人の障害の状態や発達段階及び特性等に応じた教育を行い、個々の能力や可能性を最大限に伸ばし、自立し社会参加できる人間の育成をめざす。

(1) めざす幼児児童生徒像
  ○心身共に健康で明るい幼児児童生徒
    ・元気で遊べる ・丈夫な体をつくる ・挨拶がきちんとできる
  ○勤労を尊び進んで取り組む幼児児童生徒
    ・みんなと仲良くする ・進んで仕事をする ・意欲を持って働く
  ○たくましく生きる幼児児童生徒
    ・人やものに思いやりをもつ ・最期まで頑張る ・きまりを守る

(2)めざす学校像
  ○幼児児童生徒の人格を尊重する学校
  ○幼児児童生徒の自立や社会参加をめざす学校
  ○保護者の思いや願いに応える学校
  ○「花と緑と野鳥や蝶の住む」心のなごむ学校
  ○地域に開かれ、信頼と協力に支えられた学校

(3)めざす教師像
  ○幼児児童生徒の一人一人の視点に立ち、「よさ」を発揮させる教職員
  ○幼児児童生徒の可能性、進歩の状況を積極的に評価できる教職員
  ○日々の教育活動に真摯に取り組み、自信と誇りを持つ教職員
  ○教育公務員としての自覚、責任を持ち信頼される教職員
  ○学校経営に広い視野をもち、主体的に参画する教職員
  ○保護者の思いや願いを共感し、その期待に応える教職員